今日も声美人でいこう!千葉外房のボイトレ教室 KAYOKO's Voice Training Room ブログ

千葉県外房地域の隙間産業、ボイトレ教室トレーナー・市原香代子のブログ。レッスンや声の知識あれこれから、よもやま話まで。

イチハラカヨコ

気持ちを落ち着ける『よかった』と『ありがとう』の深呼吸。

千葉県内の桜は咲き終わりの時期を迎えようとしています。散り際の桜
散り際の桜2
この地域に住んでいて良かったなーと思います。
ドライブするだけで十分お花を楽しめる。

特に今年は咲き始めこそ早かったけれど、
時々キューーーっと冷え込む日もあったお陰で長い期間堪能できました。

今、人の世は大変な試練の中にありますが、
それでも花々の咲き誇るこの季節であったことが、
少しでも人々の心を和らげるお役目を果たしてくれていたのでは…と思います。

☆☆☆

日々緊迫したニュース、
今後の生活など、
心配で気持ちが揺れたり落ち着かなかったり。。

そんな時に、ぜひ試してみてください。

これは緊張をほぐす方法として、
発表会など、ステージ本番を控えている生徒さんを中心に教えている事なのですが、

とっても簡単です。

吸う時に
『よかったー』

吐く時に
『ありがとうー』

と、
頭の中で思いながら深呼吸。

これだけ❗️

心と身体はつながっていて、
メンタルに作用する動作がいくつもあります。
深呼吸もそのひとつで、そのリラックス効果はよく知られている通り。
逆も真なりで、日々テンパっていたり忙しすぎていると呼吸は浅くなる傾向があります。

なので、まずは呼吸から整える。
ゆーーっくり、横隔膜の底まで深ーーーく。

そこにポジティブな言葉を上乗せします。
言葉は、脳に作用します。
より大袈裟に思い浮かべると、より効果的なのだそうです。

『よかったああああぁぁぁ❗️』

『あーーーりがとぉぉぉーーー❣️』by谷村新司

ひとつポイントがあります。
それは、“習慣化”すること。

これ、極度の緊張状態やテンパり過ぎちゃった時に突然やってもあまり効果はありません。
日々の生活の中で、
例えば朝起きてすぐとかごはんを食べた後、入浴中入浴後など場面を決めて繰り返し、

『よかったありがとうの呼吸をする』
↓↓
『リラックスする』

という“脳内スイッチ”を作り上げることが大事。

すると緊張した時でもこの呼吸をすることで、
リラックスの状態を再現し易くなるのです。

※以前、「アルファ波」という脳波を出し易くする方法としてこれを紹介していた事があるのですが、近年脳波についての研究が進み、アルファ波=リラックス=良い効果という図式に対する異論も発表されています。
ですのでここはシンプルに、緊張緩和方法として捉えてくださいね☆

こんな時ですから、なかなかリフレッシュできない、
施設の休業で楽しみがなくなってしまった、
という方も多いと思います。

でもこんな時だからこそ、
気持ちや身体、言葉と向き合い、
少ない資源でエネルギーチャージができる自分でいられるならば、ある意味無敵。


ちなみに、
最近私は自分なりにアレンジしています。

例えば頭の中の言葉を
『生きてて、よかったーーーー❗️』
『地球に生まれて、
よかったーーーー❗️』by織田裕二

など、ダイナミックにしてみる。笑

呼吸に合わせて、両腕を大きく広げてみる(ラジオ体操みたいに)。

せっかくだから、外の空気に当たりながら。
山や木、花など自然を眺めながら。

住環境によりそれが難しければ、
好きな景色や人の写真を見ながら。。

などなど。

自分が心地よくなる事を、
選んで試してみてください。


『ありがとう』
感謝の言葉の力は、大きいです。

脳は主語を判断できません。

たとえ誰かに向かって言ったとしても、
発した言葉はまっすぐ自分自身に返ってきます。

誰かへの感謝は、
自分自身への感謝。

今日1日、頑張ったことを。
いや、頑張らなくても、
ここにただ在ることを。

誰よりも労ってあげてくださいね♪


KAYOKO

負のスパイラルを断ち切る!~日本赤十字社のトピックスより

昨日、色々とコロナ関連の調べ物をしていたら、
日本赤十字社の↓こんなトピックス投稿に出会いました。
行動心理の観点から感染拡大のメカニズムを紐解いています。
ぜひぜひお読みください。
ひざを打つこと請け合いです。

感染するのは『ウィルス』だけではなく、
見えないウィルスに対する『不安』も、
さらに不安からくる『偏見・差別』も、
ウィルスのように伝播していってしまう。。

本来の敵は見えないウィルスのはずが、
その不安からわかりやすく『見える』誰かを敵にすり替え、
ディスることで安心する。

これを読んで、ワタクシひとつ前の記事で思わず若者たちに握りこぶしを作った自分を反省しました 笑

うーん、なるほど!
これぞ人間。
これは現在進行形のウィルスの話ですが、
例えばいじめや虐待、ハラスメントなど人間関係の中で起こる問題すべてに当てはまることとも言えますね。
私たちはどれだけの負のスパイラルに囲まれて生きているのだろう…

現在のような非常時、多くの方が不安に苛まれたり感情の振り幅が大きくなったりと、心のビジー状態になっているのではないでしょうか。

↑そんなときは上記投稿の中、3つの『感染症を防ぐために』の項目を丁寧にチェックしてみるといいかも。

自分をニュートラルに戻すのに役に立つと思います。
これ、普通の生活の中でも使えそうだなぁ。

☆☆☆

負のスパイラルを断ち切る。
これ、発声を整えていく上でも重要なテーマです。
(…と、ボイトレの話に強引にこじつけてみるの巻 笑)

発声に問題を抱える時、
うまく歌えなかったり音が外れたり声がひっくり返ったり~の裏には、
何らかの要因で入ってしまうのどの『力み』があります。

声が低音から高音に移り変わっていく過程で、
声帯が縦方向に伸びるのに伴って周辺の筋肉の動きも移り変わっていきますが。。

その途中筋肉がスムーズに動かないと、どーーにも音程が当たりづらいポイントが出現します。

ん?声が引っかかる、なんか出しづらい。

。。と、感じた時人間何をするかというと、無意識に力で補おうとします

力で補う⇒筋肉が柔軟に動かなくなる⇒やっぱり出しづらい⇒もっと力で補う⇒ますます筋肉が……

はい☆かくして発声の『負のスパイラル』無限ループの出来上がり!

これは体全般に言えることなのですが、
無駄に力を入れてしまうと筋肉はガチッと固まり自由度を奪われ、関節などの可動域を狭めます。
ストレッチの時には「んっ」と息を詰めずに、呼吸しつつリラックスを促しながらやりますね。
力んだままだと本来伸ばしたい部分がうまく働かなかったり、無理がかかって筋肉傷めてしまいます。

発声においても全く同じことがいえるのですが、
何せのどの中なので可視化できず、どう動いているかも分からないため、
無自覚な癖として力みが入ってしまうこともしばしばあります。

基礎発声を整える上で、
いかにそれを解きほぐし、自覚下に置き、柔軟な動きを身につけていくかが、
負のスパイラルからの脱却につながっていきます。

☆☆☆

で!
また最初の話。
改めて↑上の『第二の感染症(不安)に振り回されないために』のページを見てみると、

まずはリラックスして、自分をみつめる

…的なことが書かれています。
まずは『不安』で心を懲り固まった心をほぐす、
あらボイトレと一緒じゃん、と実は思ったのでした。

物事を改善したり好転させたりすることのしくみは、何であれ同じ原理なのかも知れません。

最後に。。
『不安』は自己防衛本能の現れ。
だから不安になること自体はいけないわけじゃない。
問題は、不安に『呑み込まれ』てしまうこと。
こいつが『差別・偏見』などのバイアスをかけ、
一度バイアス眼鏡がかかると全部眼鏡越しの景色しか見えず、
その景色が歪んでいることも自覚できなくなっていきます。

だからこそ、心を柔らかく、柔らかく。
しんどい時だからこそ、不安ちゃんの存在を認めて優しくケアしてあげるのが大事なのです。

そう、ボクらのように柔らかく。もふもふ。
やわらかいにゃんこ。
お役に立てていただけますように。

KAYOKO

【お知らせ】当面の間、全レッスン休講します〜WEBレッスン準備中!

皆さま、いかがお過ごしでしょうか。

長らくブログの更新をさぼり←それはいつもの事 笑
思うところありFacebookも昨年末からお休みをしておりましたので、
ネット媒体での情報発信が本当に久しぶり。。

。。だというのに、こんなお知らせをしなければなりません。

年明けからも、個人のライブやゴスペルイベントへの準備・出演など忙しく動いておりましたが、そうこうしている間に新型コロナウィルスが蔓延し、諸々の予定は延期や中止。
ゴスペルのレッスンは3月すべて中止となり、再会の見通しも立てられておりません。

過去経験のない事態に、今全世界が直面しています。

この状況を鑑み勝手ながら、
しばらくの間、ボイトレ教室を休講させていただく事といたしました。

この月末になり都内の感染者数は急激に増え、
千葉県内でも、東庄町の障害者施設で集団感染が起き、
感染経路の追えない陽性者が出始めています。


ひとたびクラスターが起きた後の感染力の強さに危機感を感じざるを得ません。

3月に自粛要請が出た後も、ありがたいことに多くの生徒さんが通常通りレッスンに通ってくださいました。
私自身も極力外出を控えてリスクを避けてきましたが、
一方私の息子や娘は接客業で外出をしない訳にいかず、
主人も東京都内への通勤者です(今日から完全テレワーク対応で家で仕事しており、ちょっとホッとしています。。)。

マンツーマン対面レッスン。
絶対避けてと言われる【三つの密】に該当するか微妙なところではあります。
不安を完全には払拭できない以上、今は安全と安心を取るべきだと判断いたしました。

すでに4月のご予約をいただいている生徒の皆さまには大変ご迷惑をおかけいたします。

過敏過ぎる措置と思われる方もいるかも知れません。
しかし上記のように、一度拡大したらあっという間。。

ほんの一ヶ月前、現在のイタリアの状況を誰が予想したでしょう?
日本だってイタリアに負けず劣らずの高齢者国家です。
このペースで感染者が増えてしまったら、
多数の重症者を出してしまったら、
そして医療崩壊(オーバーシュート)が起きてしまったら?

…と考えると、背筋が寒くなります。

…今、「自分には関係ないと思うんでぇーー」とか言いながら渋谷をうろついている若者のニュースに思わず右手で握り拳を作っております……💢

今は命を守る時。
我が家も高齢者をかかえる家族ゆえ、何卒ご理解いただきたいと存じます。
また楽観人間のわたしがこのように決める事で、より多くの方に危機意識を持っていただけたら。。と思っております。

昨年の台風・大雨被害から今日に至るまで、
『普通の生活』なるものが如何に脆いものか、
如何に奇跡の賜物であるかを思い知らされます。

生きてるだけで、丸儲け。
生かされる奇跡。まさにAmazing Graceですよ。


しかしアタクシ❗️
ええ。転んでもタダでは起きなくってよ。

WEBレッスンの準備、鋭意進行中でございます‼️

実は1年以上前から着手したいと思っていたのですが、
多忙さに埋もれ一向に先に進んでいませんでした。
この機会に少しお時間をいただき、
整いましたら試験運用からスタートさせていただきます。

そう、ボイトレ教室も安全・安心のテレワーク❗️

それまで、しばらくお待ち下さいね❤️
健康で元気に、直接お会いできる日を楽しみに。。

手作りマスク
中学生の生徒ちゃんのお母さまからいただきました。
手作りマスク。。今、これ以上嬉しい贈り物があろうか。
本当に有難いです。

KAYOKO

☆志村けんさんの御冥福を心よりお祈りします。
一人でも多くの命が救われますように。。

輝く生徒ちゃんとの2Days②ピアノ発表会での弾き語り初チャレンジ

11月3日(日)は、東金へ。
ピアノ発表会に出かけていきました。

高校生の生徒Sちゃん、
弾き語りに初チャレンジ‼
ピアノ発表会
歌うは『未来予想図Ⅱ』。

いやいや、見事見事!
経験者はお分かりいただけると思いますが、
発表会は独特の緊張感が漂います。

Sちゃん、今まで見たこともないくらいガチガチになっているのがわかりましたが、
そんな中でほぼ引っかかることなく、
途中ボーカルマイクが下にずり落ちてくるというハプニングにもめげず(笑)、
ピアノも歌もやり切った!

レッスンの中ではほぼ完ぺきに出来ていたので心配はしていなかったのですが、
そうは言っても普段まったく間違えないところで突然頭が真っ白になるのが本番というもの。
初披露としては十分すぎる出来栄えでした♪

(私も自らピアノ弾きながら歌うようになってちょうど3年になりますが、
思えば最初、ド緊張で自分がどう歌ってどう演奏したのか全く記憶にございません!(笑))


大人の発表会パンフ
このような大人の発表会には、色々な方が出演されます。
子どものころ習っていてまた再開したという方もいれば、
逆に子どものころに習えず、年齢を重ねて1からスタートの方も。

どの鍵盤を押すと何の音が出るかもわからない所から、
一曲を仕上げるのは本当に大変なこと。
初めての発表会という方も多く、
…時には心の中で「頑張って~」と祈り"完奏"を見守る場面もたくさんありながら(^^;)、
その挑戦に深く深く尊敬を感じました。

☆☆☆

まだ10代生徒ちゃんたち。
歌声もみずみずしい。
スポンジのように色々なことを吸収していきます。

Sちゃんも新たに数曲ネタを仕込んでいるそうなので、
場数をふんでいけばハタチになる頃には相当イケてるに違いない!
せんせーは楽しみにしているぞ❣

千葉県外房のボイトレ教室
睦沢町(水〜土曜日)、本納駅近(火曜日午後)、茂原駅前(火・金曜日夜間)
詳しくはホームページ↑をチェック!

輝く生徒ちゃんとの2Days①死者の日の祭りin御宿

11月2日(土)、
2019111518141090a.jpeg
こんなお祭りにお呼ばれしました。
死者の日』は故人に思いを寄せるメキシコのお盆のような祝日。
メキシコと親交のある御宿町で、良いお天気の中開催されました。

死者の日の祭り出店
古民家レストラン愚為庵のお庭にて。
どこから見てもジャパニーズな文化との融合。
(夕方からは落語会が催されました)
小規模ながら、美味しい食べ物飲み物、可愛い雑貨のお店が並ぶステキなイベントになりました。

そこで、
死者の日の祭りマリーゴールド
歌うは中学生の生徒、Kちゃん。
イベントを主催した彼女のお母さまからお話をいただき、伴奏を。
(地元で長年活動されている先輩ミュージシャンの方々に混じってソロでも数曲歌わせていただきました。)

Kちゃんは今年に入ってから発表会やイベントで何度かステージに立っていますが、いつも緊張する様子もなく(本当のところはわかりませんが顔にまったく出ない(笑)、
この日も遊びに来たお友達が数人見ている中で堂々たる歌いっぷり。
ハートが強いわぁ。

メキシコの死者の日には町中がいっぱいのマリーゴールドの花で飾られる…ということを後に知ったのですが、

この時歌っていたのはまさに『マリーゴールド』。
もし歌えたらということで二日前に急遽準備した曲でした。
不思議な符合。。

千葉県外房のボイトレ教室
睦沢町(水〜土曜日)、本納駅近(火曜日午後)、茂原駅前(火・金曜日夜間)
詳しくはホームページ↑をチェック!